万葉集 第10巻 2196番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第10巻2196番歌はこちらにまとめました。

第10巻 2196番歌

第10巻
歌番号 2196番歌
作者 作者不詳
題詞 (詠黄葉)
原文 四具礼能雨 無間之零者 真木葉毛 争不勝而 色付尓家里
訓読 しぐれの雨間なくし降れば真木の葉も争ひかねて色づきにけり
かな しぐれのあめ まなくしふれば まきのはも あらそひかねて いろづきにけり
英語(ローマ字) SHIGURENOAME MANAKUSHIFUREBA MAKINOHAMO ARASOHIKANETE IRODUKINIKERI
しぐれ雨が間断なく降るので木々の葉も抗しきれずに色づいてきた。
左注
校異
用語 秋雑歌、植物、季節
タイトルとURLをコピーしました