万葉集 第10巻 1968番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第10巻1968番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第10巻 1968番歌

第10巻
歌番号 1968番歌
作者 作者不詳
題詞 (詠花)
原文 霍公鳥 来鳴響 橘之 花散庭乎 将見人八孰
訓読 霍公鳥来鳴き響もす橘の花散る庭を見む人や誰れ
かな ほととぎす きなきとよもす たちばなの はなちるにはを みむひとやたれ
英語(ローマ字) HOTOTOGISU KINAKITOYOMOSU TACHIBANANO HANACHIRUNIHAWO MIMUHITOYATARE
ホトトギスがやってきて激しく鳴き立て、橘の花が散る見事な風情。この美しい庭を誰か見に来てくれる人がいないかなあ。
左注
校異
用語 夏雑歌、動物、植物
タイトルとURLをコピーしました