万葉集 第10巻 2191番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第10巻2191番歌はこちらにまとめました。

第10巻 2191番歌

第10巻
歌番号 2191番歌
作者 作者不詳
題詞 (詠黄葉)
原文 鴈之鳴乎 聞鶴奈倍尓 高松之 野上<乃>草曽 色付尓家留
訓読 雁が音を聞きつるなへに高松の野の上の草ぞ色づきにける
かな かりがねを ききつるなへに たかまつの ののうへのくさぞ いろづきにける
英語(ローマ字) KARIGANEWO KIKITSURUNAHENI TAKAMATSUNO NONOUHENOKUSAZO IRODUKINIKERU
雁の鳴き声を聞いていると、きっと高松の野の草々も色づいたことと思われる。
左注
校異 之 乃 [元][類][紀][温]
用語 秋雑歌、奈良、高円、地名、動物、植物、季節、属目
タイトルとURLをコピーしました