万葉集 第10巻 2065番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第10巻2065番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第10巻 2065番歌

第10巻
歌番号 2065番歌
作者 作者不詳
題詞 (七夕)
原文 足玉母 手珠毛由良尓 織旗乎 公之御衣尓 縫将堪可聞
訓読 足玉も手玉もゆらに織る服を君が御衣に縫ひもあへむかも
かな あしだまも ただまもゆらに おるはたを きみがみけしに ぬひもあへむかも
英語(ローマ字) ASHIDAMAMO TADAMAMOYURANI ORUHATAWO KIMIGAMIKESHINI NUHIMOAHEMUKAMO
足玉や手玉を激しく揺り動かしながら一心に織って布にしました。これを、あの方に似合いの着物に仕立てられるかしら。
左注
校異
用語 秋雑歌、七夕
タイトルとURLをコピーしました