万葉集 第10巻 1902番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第10巻1902番歌はこちらにまとめました。

第10巻 1902番歌

第10巻
歌番号 1902番歌
作者 作者不詳
題詞 (寄花)
原文 春野尓 霞棚引 咲花乃 如是成二手尓 不逢君可母
訓読 春の野に霞たなびき咲く花のかくなるまでに逢はぬ君かも
かな はるののに かすみたなびき さくはなの かくなるまでに あはぬきみかも
英語(ローマ字) HARUNONONI KASUMITANABIKI SAKUHANANO KAKUNARUMADENI AHANUKIMIKAMO
春の野に霞がたなびくようになり、花々が咲き乱れるようになっても逢って下さらないあなたなのね。
左注
校異
用語 春相聞、植物、恋情、恨み
タイトルとURLをコピーしました