万葉集 第10巻 2215番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第10巻2215番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第10巻 2215番歌

第10巻
歌番号 2215番歌
作者 作者不詳
題詞 (詠黄葉)
原文 左夜深而 四具礼勿零 秋芽子之 本葉之黄葉 落巻惜裳
訓読 さ夜更けてしぐれな降りそ秋萩の本葉の黄葉散らまく惜しも
かな さよふけて しぐれなふりそ あきはぎの もとはのもみち ちらまくをしも
英語(ローマ字) SAYOFUKETE SHIGURENAFURISO AKIHAGINO MOTOHANOMOMICHI CHIRAMAKUWOSHIMO
夜が更けてからしぐれよ降らないでおくれ。いまだ残っている本葉の黄葉が散るのが惜しいから。
左注
校異
用語 秋雑歌、植物、哀惜、季節
タイトルとURLをコピーしました