万葉集 第10巻 2068番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第10巻2068番歌はこちらにまとめました。

第10巻 2068番歌

第10巻
歌番号 2068番歌
作者 作者不詳
題詞 (七夕)
原文 天原 振放見者 天漢 霧立渡 公者来良志
訓読 天の原降り放け見れば天の川霧立ちわたる君は来ぬらし
かな あまのはら ふりさけみれば あまのがは きりたちわたる きみはきぬらし
英語(ローマ字) AMANOHARA FURISAKEMIREBA AMANOGAHA KIRITACHIWATARU KIMIHAKINURASHI
空を仰いでみると天の川に霧が立ちこめている、あの方がやって来るらしい。
左注
校異
用語 秋雑歌、七夕
タイトルとURLをコピーしました