万葉集 第10巻 1933番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第10巻1933番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第10巻 1933番歌

第10巻
歌番号 1933番歌
作者 作者不詳
題詞 (問答)
原文 吾妹子尓 戀乍居者 春雨之 彼毛知如 不止零乍
訓読 我妹子に恋ひつつ居れば春雨のそれも知るごとやまず降りつつ
かな わぎもこに こひつつをれば はるさめの それもしるごと やまずふりつつ
英語(ローマ字) WAGIMOKONI KOHITSUTSUWOREBA HARUSAMENO SOREMOSHIRUGOTO YAMAZUFURITSUTSU
いとしい彼女に恋い焦がれて出かけたいと思っているのに、そんな私の気持を知っているかのように、意地悪にも春雨は降り続けて止みそうにない。
左注
校異
用語 春相聞、恋情、問答
タイトルとURLをコピーしました