万葉集 第10巻 2026番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第10巻2026番歌はこちらにまとめました。

第10巻 2026番歌

第10巻
歌番号 2026番歌
作者 柿本人麻呂(柿本人麻呂歌集)
題詞 (七夕)
原文 白雲 五百遍隠 雖遠 夜不去将見 妹當者
訓読 白雲の五百重に隠り遠くとも宵さらず見む妹があたりは
かな しらくもの いほへにかくり とほくとも よひさらずみむ いもがあたりは
英語(ローマ字) SHIRAKUMONO IHOHENIKAKURI TOHOKUTOMO YOHISARAZUMIMU IMOGAATARIHA
幾重にも白雲に遮られて見えない遠くの彼女。その辺りを毎夜毎夜見やっています。
左注 (右柿本朝臣人麻呂之歌集出)
校異
用語 秋雑歌、作者:柿本人麻呂歌集、非略体、七夕
タイトルとURLをコピーしました