万葉集 第10巻 2027番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第10巻2027番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第10巻 2027番歌

第10巻
歌番号 2027番歌
作者 柿本人麻呂(柿本人麻呂歌集)
題詞 (七夕)
原文 為我登 織女之 其屋戸尓 織白布 織弖兼鴨
訓読 我がためと織女のそのやどに織る白栲は織りてけむかも
かな あがためと たなばたつめの そのやどに おるしろたへは おりてけむかも
英語(ローマ字) AGATAMETO TANABATATSUMENO SONOYADONI ORUSHIROTAHEHA ORITEKEMUKAMO
私のためにと織女が家で織っていたあの白布はもう織り終わっただろうか。
左注 (右柿本朝臣人麻呂之歌集出)
校異
用語 秋雑歌、作者:柿本人麻呂歌集、非略体、七夕
タイトルとURLをコピーしました