万葉集 第10巻 2105番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第10巻2105番歌はこちらにまとめました。

第10巻 2105番歌

第10巻
歌番号 2105番歌
作者 作者不詳
題詞 (詠花)
原文 春去者 霞隠 不所見有師 秋芽子咲 折而将挿頭
訓読 春されば霞隠りて見えずありし秋萩咲きぬ折りてかざさむ
かな はるされば かすみがくりて みえずありし あきはぎさきぬ をりてかざさむ
英語(ローマ字) HARUSAREBA KASUMIGAKURITE MIEZUARISHI AKIHAGISAKINU WORITEKAZASAMU
春になっても霞に隠れて見られなかったが、秋になって萩が美しく咲いた。手折って髪飾りにしよう。
左注
校異
用語 秋雑歌、植物
タイトルとURLをコピーしました