万葉集 第10巻 2120番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第10巻2120番歌はこちらにまとめました。

第10巻 2120番歌

第10巻
歌番号 2120番歌
作者 作者不詳
題詞 (詠花)
原文 秋芽子 戀不盡跡 雖念 思恵也安多良思 又将相八方
訓読 秋萩に恋尽さじと思へどもしゑやあたらしまたも逢はめやも
かな あきはぎに こひつくさじと おもへども しゑやあたらし またもあはめやも
英語(ローマ字) AKIHAGINI KOHITSUKUSAJITO OMOHEDOMO SHIゑYAATARASHI MATAMOAHAMEYAMO
この秋萩にどっぷりつかるものかと思ったが、ああしゃくだけど、こんな美しい萩に二度と出会えようか。
左注
校異
用語 秋雑歌、植物、恋情
タイトルとURLをコピーしました