万葉集 第10巻 2251番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第10巻2251番歌はこちらにまとめました。

第10巻 2251番歌

第10巻
歌番号 2251番歌
作者 作者不詳
題詞 (寄水田)
原文 橘乎 守部乃五十戸之 門田年稲 苅時過去 不来跡為等霜
訓読 橘を守部の里の門田早稲刈る時過ぎぬ来じとすらしも
かな たちばなを もりべのさとの かどたわせ かるときすぎぬ こじとすらしも
英語(ローマ字) TACHIBANAWO MORIBENOSATONO KADOTAWASE KARUTOKISUGINU KOJITOSURASHIMO
橘の守部の里の門前の早稲を刈りとる時も過ぎてしまった。あの人はやって来ないおつもりなのでしょうか。
左注
校異
用語 秋相聞、地名、植物、枕詞、恋情
タイトルとURLをコピーしました