万葉集 第10巻 2290番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第10巻2290番歌はこちらにまとめました。

第10巻 2290番歌

第10巻
歌番号 2290番歌
作者 作者不詳
題詞 (寄花)
原文 秋芽子乎 落過沼蛇 手折持 雖見不怜 君西不有者
訓読 秋萩を散り過ぎぬべみ手折り持ち見れども寂し君にしあらねば
かな あきはぎを ちりすぎぬべみ たをりもち みれどもさぶし きみにしあらねば
英語(ローマ字) AKIHAGIWO CHIRISUGINUBEMI TAWORIMOCHI MIREDOMOSABUSHI KIMINISHIARANEBA
萩の花が散ってしまいそうなので、手折って眺めたけれど、あなたではないので寂しい。
左注
校異
用語 秋相聞、植物、恋情
タイトルとURLをコピーしました