万葉集 第10巻 2108番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第10巻2108番歌はこちらにまとめました。

第10巻 2108番歌

第10巻
歌番号 2108番歌
作者 作者不詳
題詞 (詠花)
原文 秋風者 急<々>吹来 芽子花 落巻惜三 競<立見>
訓読 秋風は疾く疾く吹き来萩の花散らまく惜しみ競ひ立たむ見む
かな あきかぜは とくとくふきこ はぎのはな ちらまくをしみ きほひたたむみむ
英語(ローマ字) AKIKAZEHA TOKUTOKUFUKIKO HAGINOHANA CHIRAMAKUWOSHIMI KIHOHITATAMUMIMU
秋風よ、吹くなら早く吹いて来い。枝垂れた萩の花が散るのを惜しみ、風に逆らって揺れ動くのが見たいから。
左注
校異 之 々 [元][紀][温][矢] / 竟 立見 [万葉考]
用語 秋雑歌、植物
タイトルとURLをコピーしました