万葉集 第10巻 2130番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第10巻2130番歌はこちらにまとめました。

第10巻 2130番歌

第10巻
歌番号 2130番歌
作者 作者不詳
題詞 (詠鴈)
原文 吾屋戸尓 鳴之鴈哭 雲上尓 今夜喧成 國方可聞遊群
訓読 我が宿に鳴きし雁がね雲の上に今夜鳴くなり国へかも行く
かな わがやどに なきしかりがね くものうへに こよひなくなり くにへかもゆく
英語(ローマ字) WAGAYADONI NAKISHIKARIGANE KUMONOUHENI KOYOHINAKUNARI KUNIHEKAMOYUKU
我が家の庭で鳴いていた雁。今宵は雲の上で鳴いている。我が故国へ向かおうというのだろうか。
左注
校異
用語 秋雑歌、動物
タイトルとURLをコピーしました