万葉集 第10巻 2112番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第10巻2112番歌はこちらにまとめました。

第10巻 2112番歌

第10巻
歌番号 2112番歌
作者 作者不詳
題詞 (詠花)
原文 吾屋前尓 開有秋芽子 常有者 我待人尓 令見猿物乎
訓読 我がやどに咲ける秋萩常ならば我が待つ人に見せましものを
かな わがやどに さけるあきはぎ つねならば わがまつひとに みせましものを
英語(ローマ字) WAGAYADONI SAKERUAKIHAGI TSUNENARABA WAGAMATSUHITONI MISEMASHIMONOWO
我が家の庭に咲いている萩の花、このまま咲き続けてくれたなら、じっと待っているあの人にお見せしたい。
左注
校異
用語 秋雑歌、植物
タイトルとURLをコピーしました