万葉集 第10巻 1870番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第10巻1870番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第10巻 1870番歌

第10巻
歌番号 1870番歌
作者 作者不詳
題詞 (詠花)
原文 春雨者 甚勿零 櫻花 未見尓 散巻惜裳
訓読 春雨はいたくな降りそ桜花いまだ見なくに散らまく惜しも
かな はるさめは いたくなふりそ さくらばな いまだみなくに ちらまくをしも
英語(ローマ字) HARUSAMEHA ITAKUNAFURISO SAKURABANA IMADAMINAKUNI CHIRAMAKUWOSHIMO
春雨よ。そんなにひどく降らないでおくれ。まだ咲いた桜を十分見ていないのに散ってしまうのが惜しくてならない。
左注
校異 春 [類] 春乃
用語 春雑歌、植物、哀惜
タイトルとURLをコピーしました