万葉集 第10巻 2175番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第10巻2175番歌はこちらにまとめました。

第10巻 2175番歌

第10巻
歌番号 2175番歌
作者 作者不詳
題詞 (詠露)
原文 日来之 秋風寒 芽子之花 令散白露 置尓来下
訓読 このころの秋風寒し萩の花散らす白露置きにけらしも
かな このころの あきかぜさむし はぎのはな ちらすしらつゆ おきにけらしも
英語(ローマ字) KONOKORONO AKIKAZESAMUSHI HAGINOHANA CHIRASUSHIRATSUYU OKINIKERASHIMO
このごろの秋風は寒い。萩の花は散らしてしまうし、白露も降りてきた。
左注
校異
用語 秋雑歌、植物、季節
タイトルとURLをコピーしました