万葉集 第10巻 1875番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第10巻1875番歌はこちらにまとめました。

第10巻 1875番歌

第10巻
歌番号 1875番歌
作者 作者不詳
題詞 (詠月)
原文 春去者 紀之許能暮之 夕月夜 欝束無裳 山陰尓指天 [一云 春去者 木陰多 暮月夜]
訓読 春されば木の暗多み夕月夜おほつかなしも山蔭にして [一云 春されば木蔭を多み夕月夜]
かな はるされば このくれおほみ ゆふづくよ おほつかなしも やまかげにして [はるされば こかげをおほみ ゆふづくよ]
英語(ローマ字) HARUSAREBA KONOKUREOHOMI YUFUDUKUYO OHOTSUKANASHIMO YAMAKAGENISHITE [HARUSAREBA KOKAGEWOOHOMI YUFUDUKUYO]
春が来て木々が茂り、茂みの蔭で、せっかくの夕月夜も台無し。特に山陰にあってはぼんやりした暗がり状態になってしまう。
左注
校異
用語 春雑歌、異伝
タイトルとURLをコピーしました