万葉集 第10巻 2296番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第10巻2296番歌はこちらにまとめました。

第10巻 2296番歌

第10巻
歌番号 2296番歌
作者 作者不詳
題詞 (寄黄葉)
原文 足引乃 山佐奈葛 黄變及 妹尓不相哉 吾戀将居
訓読 あしひきの山さな葛もみつまで妹に逢はずや我が恋ひ居らむ
かな あしひきの やまさなかづら もみつまで いもにあはずや あがこひをらむ
英語(ローマ字) ASHIHIKINO YAMASANAKADURA MOMITSUMADE IMONIAHAZUYA AGAKOHIWORAMU
山サネカズラが色づく秋深くなるまで彼女に逢わずじまいになるのかなと思って恋焦がれて暮らしています。
左注
校異
用語 秋相聞、植物、恋情
タイトルとURLをコピーしました