万葉集 第10巻 1960番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第10巻1960番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第10巻 1960番歌

第10巻
歌番号 1960番歌
作者 作者不詳
題詞 (詠鳥)
原文 物念登 不宿旦開尓 霍公鳥 鳴而左度 為便無左右二
訓読 物思ふと寐ねぬ朝明に霍公鳥鳴きてさ渡るすべなきまでに
かな ものもふと いねぬあさけに ほととぎす なきてさわたる すべなきまでに
英語(ローマ字) MONOMOFUTO INENUASAKENI HOTOTOGISU NAKITESAWATARU SUBENAKIMADENI
物思いにふけっていて、寝られなかった夜の明け方、ホトトギスが鳴きつつ飛んでいった。切なくてなすすべがない気持になるほど高い声で。
左注
校異
用語 夏雑歌、動物
タイトルとURLをコピーしました