万葉集 第10巻 2224番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第10巻2224番歌はこちらにまとめました。

第10巻 2224番歌

第10巻
歌番号 2224番歌
作者 作者不詳
題詞 (詠月)
原文 此夜等者 沙夜深去良之 鴈鳴乃 所聞空従 月立度
訓読 この夜らはさ夜更けぬらし雁が音の聞こゆる空ゆ月立ち渡る
かな このよらは さよふけぬらし かりがねの きこゆるそらゆ つきたちわたる
英語(ローマ字) KONOYORAHA SAYOFUKENURASHI KARIGANENO KIKOYURUSORAYU TSUKITACHIWATARU
今宵はすっかり夜が更けたらしい。雁の鳴き声が聞こえる夜空を月が渡って行く。
左注
校異
用語 秋雑歌、動物、属目
タイトルとURLをコピーしました