万葉集 第10巻 2142番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第10巻2142番歌はこちらにまとめました。

第10巻 2142番歌

第10巻
歌番号 2142番歌
作者 作者不詳
題詞 (詠鹿鳴)
原文 左男<壮>鹿之 妻整登 鳴音之 将至極 靡芽子原
訓読 さを鹿の妻ととのふと鳴く声の至らむ極み靡け萩原
かな さをしかの つまととのふと なくこゑの いたらむきはみ なびけはぎはら
英語(ローマ字) SAWOSHIKANO TSUMATOTONOFUTO NAKUKOゑNO ITARAMUKIHAMI NABIKEHAGIHARA
牡鹿が牝鹿と居並んで、とうとう妻を獲得したぞと、声を限りに鳴き立てている。靡け靡け萩原よ。
左注
校異 牡 壮 [元]
用語 秋雑歌、動物、植物
タイトルとURLをコピーしました