万葉集 第10巻 2232番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第10巻2232番歌はこちらにまとめました。

第10巻 2232番歌

第10巻
歌番号 2232番歌
作者 作者不詳
題詞 (詠風)
原文 秋山之 木葉文未赤者 今旦吹風者 霜毛置應久
訓読 秋山の木の葉もいまだもみたねば今朝吹く風は霜も置きぬべく
かな あきやまの このはもいまだ もみたねば けさふくかぜは しももおきぬべく
英語(ローマ字) AKIYAMANO KONOHAMOIMADA MOMITANEBA KESAFUKUKAZEHA SHIMOMOOKINUBEKU
秋山の木の葉はまだ色づいていないのに、今朝吹いている風は霜が降りそうに思われるほど冷たい。
左注
校異
用語 秋雑歌、季節
タイトルとURLをコピーしました