万葉集 第10巻 1893番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第10巻1893番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第10巻 1893番歌

第10巻
歌番号 1893番歌
作者 柿本人麻呂(柿本人麻呂歌集)
題詞
原文 出見 向岡 本繁 開在花 不成不止
訓読 出でて見る向ひの岡に本茂く咲きたる花のならずはやまじ
かな いでてみる むかひのをかに もとしげく さきたるはなの ならずはやまじ
英語(ローマ字) IDETEMIRU MUKAHINOWOKANI MOTOSHIGEKU SAKITARUHANANO NARAZUHAYAMAJI
家を出て仰ぎ見ると、向かいの岡に桜が目いっぱい咲いている。やがて実をつけてサクランボになるに相違ない。
左注 (右柿本朝臣人麻呂歌集出)
校異
用語 春相聞、作者:柿本人麻呂歌集、略体、植物、比喩、恋情
タイトルとURLをコピーしました