万葉集 第9巻 1798番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第9巻1798番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第9巻 1798番歌

第9巻
歌番号1798番歌
作者柿本人麻呂(柿本人麻呂歌集)
題詞(紀伊國作歌四首)
原文古家丹 妹等吾見 黒玉之 久漏牛方乎 見佐府<下>
訓読いにしへに妹と我が見しぬばたまの黒牛潟を見れば寂しも
かないにしへに いもとわがみし ぬばたまの くろうしがたを みればさぶしも
英語(ローマ字)INISHIHENI IMOTOWAGAMISHI NUBATAMANO KUROUSHIGATAWO MIREBASABUSHIMO
その昔、彼女と一緒に眺めた黒牛潟、今私一人で見ていると寂しくてたまらない。
左注(右五首柿本朝臣人麻呂之歌集出)
校異下玉 下 [西(朱訂正)][元][藍][類]
用語挽歌、作者:柿本人麻呂歌集、紀伊、和歌山、行幸、悲嘆、恋情、亡妻、非略体、地名
タイトルとURLをコピーしました