万葉集 第9巻 1799番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第9巻1799番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第9巻 1799番歌

第9巻
歌番号1799番歌
作者柿本人麻呂(柿本人麻呂歌集)
題詞(紀伊國作歌四首)
原文<玉>津嶋 礒之裏<未>之 真名<子>仁文 尓保比去名 妹觸險
訓読玉津島礒の浦廻の真砂にもにほひて行かな妹も触れけむ
かなたまつしま いそのうらみの まなごにも にほひてゆかな いももふれけむ
英語(ローマ字)TAMATSUSHIMA ISONOURAMINO MANAGONIMO NIHOHITEYUKANA IMOMOFUREKEMU
玉津島の磯の浦辺の白砂に染まって行こう、亡くなった彼女も浴びただろうその白砂に。
左注右五首柿本朝臣人麻呂之歌集出
校異<> 玉 [西(左書)][元][藍][類] / 末 未 [元] / <> 子 [紀] / 比 (塙) 比弖 (楓) 比尓
用語挽歌、作者:柿本人麻呂歌集、紀伊、和歌山、行幸、悲嘆、恋情、亡妻、非略体、地名
タイトルとURLをコピーしました