万葉集 第9巻 1688番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第9巻1688番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第9巻 1688番歌

第9巻
歌番号1688番歌
作者柿本人麻呂(柿本人麻呂歌集)
題詞名木河作歌二首
原文ぬ干 人母在八方 沾衣乎 家者夜良奈 羈印
訓読あぶり干す人もあれやも濡れ衣を家には遣らな旅のしるしに
かなあぶりほす ひともあれやも ぬれぎぬを いへにはやらな たびのしるしに
英語(ローマ字)ABURIHOSU HITOMOAREYAMO NUREGINUWO IHENIHAYARANA TABINOSHIRUSHINI
ずぶぬれになった着物をあぶって乾かす人などいるはずもない旅路。いっそ家に送ろうか旅路にいるという証拠に。
左注(右柿本朝臣人麻呂之歌集所出)
校異歌 [西] 謌 [西(訂正)] 歌
用語雑歌、作者:柿本人麻呂歌集、京都、羈旅、非略体、地名
タイトルとURLをコピーしました