万葉集 第9巻 1765番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第9巻1765番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第9巻 1765番歌

第9巻
歌番号1765番歌
作者藤原房前
題詞(七夕歌一首[并短歌])反歌
原文天漢 霧立渡 且今日<々々々> 吾待君之 船出為等霜
訓読天の川霧立ちわたる今日今日と我が待つ君し舟出すらしも
かなあまのがは きりたちわたる けふけふと わがまつきみし ふなですらしも
英語(ローマ字)AMANOGAHA KIRITACHIWATARU KEFUKEFUTO WAGAMATSUKIMISHI FUNADESURASHIMO
天の川に霧がたちこめてきました。今日か今日かと私が待つあなた。そのあなたが私のもとへ舟を漕ぎはじめたのね。今宵私の元へと。
左注右件歌或云中衛大将藤原北卿宅作也
校異歌 [西] 謌 [西(訂正)] 歌 / 且今日 々々々 [元][藍] / 歌 [西] 謌
用語雑歌、作者:藤原房前、七夕、宴席
タイトルとURLをコピーしました