万葉集 第9巻 1766番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第9巻1766番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第9巻 1766番歌

第9巻
歌番号 1766番歌
作者 振田向
題詞 振田向宿祢退筑紫國時歌一首
原文 吾妹兒者 久志呂尓有奈武 左手乃 吾奥手<二> 纒而去麻師乎
訓読 我妹子は釧にあらなむ左手の我が奥の手に巻きて去なましを
かな わぎもこは くしろにあらなむ ひだりての わがおくのてに まきていなましを
英語(ローマ字) WAGIMOKOHA KUSHIRONIARANAMU HIDARITENO WAGAOKUNOTENI MAKITEINAMASHIWO
あなたが釧であったらいいのに。左手の手首に巻いて旅立とうものを。
左注
校異 歌 [西] 謌 [西(訂正)] 歌 / 尓 二 [元][藍][類][紀]
用語 相聞、作者:振田向、恋情、福岡、餞別、離別
タイトルとURLをコピーしました