万葉集 第9巻 1697番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第9巻1697番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第9巻 1697番歌

第9巻
歌番号1697番歌
作者柿本人麻呂(柿本人麻呂歌集)
題詞(名木河作歌三首)
原文家人 使在之 春雨乃 与久列杼吾<等>乎 沾念者
訓読家人の使ひにあらし春雨の避くれど我れを濡らさく思へば
かないへびとの つかひにあらし はるさめの よくれどわれを ぬらさくおもへば
英語(ローマ字)IHEBITONO TSUKAHINIARASHI HARUSAMENO YOKUREDOWAREWO NURASAKUOMOHEBA
春雨を手で避けようとしてもずぶぬれになってしまった。春雨は、私が干してあげるから(すなわち、早くお帰りなさい)という妻からの使いの印だろう。
左注(右柿本朝臣人麻呂之歌集所出)
校異<> 等 [藍][類][紀]
用語雑歌、作者:柿本人麻呂歌集、京都、羈旅、非略体
タイトルとURLをコピーしました