万葉集 第9巻 1696番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第9巻1696番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第9巻 1696番歌

第9巻
歌番号 1696番歌
作者 柿本人麻呂(柿本人麻呂歌集)
題詞 名木河作歌三首
原文 衣手乃 名木之川邊乎 春雨 吾立沾等 家念良武可
訓読 衣手の名木の川辺を春雨に我れ立ち濡ると家思ふらむか
かな ころもでの なきのかはへを はるさめに われたちぬると いへおもふらむか
英語(ローマ字) KOROMODENO NAKINOKAHAHEWO HARUSAMENI WARETACHINURUTO IHEOMOFURAMUKA
私は名木川の川辺で春雨に濡れながら佇んでいるのだけれど、わが妻はそんな私のことを心配してくれているだろうか。
左注 (右柿本朝臣人麻呂之歌集所出)
校異 歌 [西] 謌 [西(訂正)] 歌
用語 雑歌、作者:柿本人麻呂歌集、京都、羈旅、非略体、地名
タイトルとURLをコピーしました