万葉集 第9巻 1767番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第9巻1767番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第9巻 1767番歌

第9巻
歌番号1767番歌
作者抜氣大首
題詞抜氣大首任筑紫時娶豊前國娘子紐兒作歌三首
原文豊國乃 加波流波吾宅 紐兒尓 伊都我里座者 革流波吾家
訓読豊国の香春は我家紐児にいつがり居れば香春は我家
かなとよくにの かはるはわぎへ ひものこに いつがりをれば かはるはわぎへ
英語(ローマ字)TOYOKUNINO KAHARUHAWAGIHE HIMONOKONI ITSUGARIWOREBA KAHARUHAWAGIHE
豊国の香春は我が家のようなものだ。いつも紐児と一緒にいるのだから香春は我が家同然だ。
左注
校異歌 [西] 謌 [西(訂正)] 歌
用語相聞、作者:抜氣大首、豊前國娘子紐兒、福岡、恋愛、地名
タイトルとURLをコピーしました