万葉集 第9巻 1744番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第9巻1744番歌はこちらにまとめました。

第9巻 1744番歌

第9巻
歌番号 1744番歌
作者 高橋虫麻呂
題詞 見武蔵小埼沼鴨作歌一首
原文 前玉之 小埼乃沼尓 鴨曽翼霧 己尾尓 零置流霜乎 掃等尓有斯
訓読 埼玉の小埼の沼に鴨ぞ羽霧るおのが尾に降り置ける霜を掃ふとにあらし
かな さきたまの をさきのぬまに かもぞはねきる おのがをに ふりおけるしもを はらふとにあらし
英語(ローマ字) SAKITAMANO WOSAKINONUMANI KAMOZOHANEKIRU ONOGAWONI FURIOKERUSHIMOWO HARAFUTONIARASHI
小埼の沼の鴨が羽ばたいて水が勢いよく飛び散り霧のように舞い上がった。自分の尾に降りていた霜を払いのけるための羽ばたきのようだ。
左注 (右件歌者高橋連蟲麻呂歌集中出)
校異 歌 [西] 謌 [西(訂正)] 歌
用語 雑歌、作者:高橋虫麻呂歌集、埼玉、旋頭歌、地名
タイトルとURLをコピーしました