万葉集 第9巻 1796番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第9巻1796番歌はこちらにまとめました。

第9巻 1796番歌

第9巻
歌番号 1796番歌
作者 柿本人麻呂(柿本人麻呂歌集)
題詞 紀伊國作歌四首
原文 黄葉之 過去子等 携 遊礒麻 見者悲裳
訓読 黄葉の過ぎにし子らと携はり遊びし礒を見れば悲しも
かな もみちばの すぎにしこらと たづさはり あそびしいそを みればかなしも
英語(ローマ字) MOMICHIBANO SUGINISHIKORATO TADUSAHARI ASOBISHIISOWO MIREBAKANASHIMO
黄葉が散るように亡くなってしまった彼女と手に手を取り合って遊んだ、その磯を見ると悲しい。
左注 (右五首柿本朝臣人麻呂之歌集出)
校異 歌 [西] 謌 [西(訂正)] 歌
用語 挽歌、作者:柿本人麻呂歌集、紀伊、和歌山、行幸、恋情、亡妻、非略体、地名
タイトルとURLをコピーしました