万葉集 第9巻 1702番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第9巻1702番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第9巻 1702番歌

第9巻
歌番号 1702番歌
作者 柿本人麻呂(柿本人麻呂歌集)
題詞 (獻弓削皇子歌三首)
原文 妹當 茂苅音 夕霧 来鳴而過去 及乏
訓読 妹があたり繁き雁が音夕霧に来鳴きて過ぎぬすべなきまでに
かな いもがあたり しげきかりがね ゆふぎりに きなきてすぎぬ すべなきまでに
英語(ローマ字) IMOGAATARI SHIGEKIKARIGANE YUFUGIRINI KINAKITESUGINU SUBENAKIMADENI
彼女の家のあたりで騒がしく鳴き立てる雁の声が聞こえていたが、夕霧の中を鳴きながらやってきて通り過ぎていった。ああ、切ないことよ。
左注 (右柿本朝臣人麻呂之歌集所出)
校異
用語 雑歌、作者:柿本人麻呂歌集、弓削皇子、献呈歌、非略体、動物
タイトルとURLをコピーしました