万葉集 第9巻 1701番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第9巻1701番歌はこちらにまとめました。

第9巻 1701番歌

第9巻
歌番号 1701番歌
作者 柿本人麻呂(柿本人麻呂歌集)
題詞 獻弓削皇子歌三首
原文 佐宵中等 夜者深去良斯 鴈音 所聞空 月渡見
訓読 さ夜中と夜は更けぬらし雁が音の聞こゆる空を月渡る見ゆ
かな さよなかと よはふけぬらし かりがねの きこゆるそらを つきわたるみゆ
英語(ローマ字) SAYONAKATO YOHAFUKENURASHI KARIGANENO KIKOYURUSORAWO TSUKIWATARUMIYU
夜は更けて真夜中に入っているようだ。雁が鳴きながら渡っていく夜空を月も渡っていくのが見える。
左注 (右柿本朝臣人麻呂之歌集所出)
校異 歌 [西] 謌 [西(訂正)] 歌
用語 雑歌、作者:柿本人麻呂歌集、弓削皇子、献呈歌、非略体、動物
タイトルとURLをコピーしました