万葉集 第9巻 1802番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第9巻1802番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第9巻 1802番歌

第9巻
歌番号1802番歌
作者田辺福麻呂
題詞(過葦屋處女墓時作歌一首[并短歌])反歌
原文古乃 小竹田丁子乃 妻問石 菟會處女乃 奥城叙此
訓読古への信太壮士の妻問ひし菟原娘子の奥城ぞこれ
かないにしへの しのだをとこの つまどひし うなひをとめの おくつきぞこれ
英語(ローマ字)INISHIHENO SHINODAWOTOKONO TSUMADOHISHI UNAHIWOTOMENO OKUTSUKIZOKORE
その昔、私のように遠くからやってきた信太壮士が求婚した菟原娘子。その乙女が眠る墓所なんだな、ここは。
左注(右七首田邊福麻呂之歌集出)
校異歌 [西] 謌 [西(訂正)] 歌
用語挽歌、作者:田辺福麻呂歌集、兵庫県、芦屋、妻争い、鎮魂、伝説、うない娘子、地名
タイトルとURLをコピーしました