万葉集 第9巻 1731番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第9巻1731番歌はこちらにまとめました。

第9巻 1731番歌

第9巻
歌番号 1731番歌
作者 藤原宇合
題詞 (宇合卿歌三首)
原文 山科乃 石田社尓 布<麻>越者 蓋吾妹尓 直相鴨
訓読 山科の石田の杜に幣置かばけだし我妹に直に逢はむかも
かな やましなの いはたのもりに ぬさおかば けだしわぎもに ただにあはむかも
英語(ローマ字) YAMASHINANO IHATANOMORINI NUSAOKABA KEDASHIWAGIMONI TADANIAHAMUKAMO
山科の石田に鎮座する神社に供え物を手向ければ、ひょっとして彼女に直接逢えるかも。
左注
校異 靡 麻 [藍][壬][類][紀]
用語 雑歌、作者:藤原宇合、京都、羈旅、望郷、手向け、地名
タイトルとURLをコピーしました