万葉集 第9巻 1795番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第9巻1795番歌はこちらにまとめました。

第9巻 1795番歌

第9巻
歌番号 1795番歌
作者 作者不詳
題詞 宇治若郎子宮所歌一首
原文 妹等許 今木乃嶺 茂立 嬬待木者 古人見祁牟
訓読 妹らがり今木の嶺に茂り立つ嬬松の木は古人見けむ
かな いもらがり いまきのみねに しげりたつ つままつのきは ふるひとみけむ
英語(ローマ字) IMORAGARI IMAKINOMINENI SHIGERITATSU TSUMAMATSUNOKIHA FURUHITOMIKEMU
愛する君のもとへ今やってきたよ。かって君はこの松を見、夫(つま)を待っていたんだよね。(まもなく私も)君のもとへ行くからね。
左注
校異 歌 [西] 謌 / 歌 [西] 謌 [西(訂正)] 歌
用語 挽歌、宇治若郎子、京都、宇治、植物
タイトルとURLをコピーしました