万葉集 第9巻 1761番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第9巻1761番歌はこちらにまとめました。

第9巻 1761番歌

第9巻
歌番号 1761番歌
作者 柿本人麻呂(柿本人麻呂歌集)
題詞 詠鳴<鹿>一首[并短歌]
原文 三諸之 神邊山尓 立向 三垣乃山尓 秋芽子之 妻巻六跡 朝月夜 明巻鴦視 足日木乃 山響令動 喚立鳴毛
訓読 三諸の 神奈備山に たち向ふ 御垣の山に 秋萩の 妻をまかむと 朝月夜 明けまく惜しみ あしひきの 山彦響め 呼びたて鳴くも
かな みもろの かむなびやまに たちむかふ みかきのやまに あきはぎの つまをまかむと あさづくよ あけまくをしみ あしひきの やまびことよめ よびたてなくも
英語(ローマ字) MIMORONO KAMUNABIYAMANI TACHIMUKAFU MIKAKINOYAMANI AKIHAGINO TSUMAWOMAKAMUTO ASADUKUYO AKEMAKUWOSHIMI ASHIHIKINO YAMABIKOTOYOME YOBITATENAKUMO
神なび山をとり囲む山並みで、秋萩の花床に雌鹿を誘う雄鹿がいる。有明の月の朝が明けてゆくのを惜しむように、雌鹿を呼ぶ鳴き声がこだまになって聞こえる。
左注 (右件歌或云柿本朝臣人麻呂作)
校異 鹿謌 鹿 [元][藍][類][紀] / 歌 [西] 哥 [西(訂正)] 歌
用語 雑歌、作者:柿本人麻呂、異伝、飛鳥、秋、地名、植物、動物
タイトルとURLをコピーしました