万葉集 第9巻 1708番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第9巻1708番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第9巻 1708番歌

第9巻
歌番号 1708番歌
作者 柿本人麻呂(柿本人麻呂歌集)
題詞 泉河邊作歌一首
原文 春草 馬咋山自 越来奈流 鴈使者 宿過奈利
訓読 春草を馬咋山ゆ越え来なる雁の使は宿り過ぐなり
かな はるくさを うまくひやまゆ こえくなる かりのつかひは やどりすぐなり
英語(ローマ字) HARUKUSAWO UMAKUHIYAMAYU KOEKUNARU KARINOTSUKAHIHA YADORISUGUNARI
咋山(くひやま)を越えてやってきた雁の使は故郷(家)からの伝言は持たず、私のいる宿を通り過ぎていってしまった。
左注 (右柿本朝臣人麻呂之歌集所出)
校異 歌 [西] 謌 [西(訂正)] 歌
用語 雑歌、作者:柿本人麻呂歌集、木津川、京都、羈旅、非略体、動物
タイトルとURLをコピーしました