万葉集 第9巻 1707番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第9巻1707番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第9巻 1707番歌

第9巻
歌番号 1707番歌
作者 柿本人麻呂(柿本人麻呂歌集)
題詞 鷺坂作歌一首
原文 山代 久世乃鷺坂 自神代 春者張乍 秋者散来
訓読 山背の久世の鷺坂神代より春は張りつつ秋は散りけり
かな やましろの くぜのさぎさか かむよより はるははりつつ あきはちりけり
英語(ローマ字) YAMASHIRONO KUZENOSAGISAKA KAMUYOYORI HARUHAHARITSUTSU AKIHACHIRIKERI
山城(京都)の久世の鷺坂の草木は神代の昔から、春になると芽吹いて蕾を付け、秋になると散ってきたのだなあ。
左注 (右柿本朝臣人麻呂之歌集所出)
校異 歌 [西] 謌 [西(訂正)] 歌
用語 雑歌、作者:柿本人麻呂歌集、京都、羈旅、非略体、地名
タイトルとURLをコピーしました