万葉集 第9巻 1758番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第9巻1758番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第9巻 1758番歌

第9巻
歌番号 1758番歌
作者 高橋虫麻呂
題詞 (登筑波山歌一首[并短歌])反歌
原文 筑波嶺乃 須蘇廻乃田井尓 秋田苅 妹許将遺 黄葉手折奈
訓読 筑波嶺の裾廻の田居に秋田刈る妹がり遣らむ黄葉手折らな
かな つくはねの すそみのたゐに あきたかる いもがりやらむ もみちたをらな
英語(ローマ字) TSUKUHANENO SUSOMINOTAゐNI AKITAKARU IMOGARIYARAMU MOMICHITAWORANA
筑波嶺の麓の田に稲を刈る娘がいた。あの娘に手紙を書いてみようか。この美しい筑波の嶺のもみじ葉を手紙に添えて。
左注 (右件歌者高橋連蟲麻呂歌集中出)
校異 歌 [西] 謌 [西(訂正)] 歌
用語 雑歌、作者:高橋虫麻呂歌集、茨城、旅愁、東国、関東、地名、植物
タイトルとURLをコピーしました