万葉集 第9巻 1750番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第9巻1750番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第9巻 1750番歌

第9巻
歌番号 1750番歌
作者 高橋虫麻呂
題詞 (春三月諸卿大夫等下難波時歌二首[并短歌])反歌
原文 暇有者 魚津柴比渡 向峯之 櫻花毛 折末思物緒
訓読 暇あらばなづさひ渡り向つ峰の桜の花も折らましものを
かな いとまあらば なづさひわたり むかつをの さくらのはなも をらましものを
英語(ローマ字) ITOMAARABA NADUSAHIWATARI MUKATSUWONO SAKURANOHANAMO WORAMASHIMONOWO
時間さえあれば苦労して渡ってでも、向かいの峰の桜を折り取ってまいりましょうに。
左注 (右件歌者高橋連蟲麻呂歌集中出)
校異 歌 [西] 謌 [西(訂正)] 歌
用語 雑歌、作者:高橋虫麻呂歌集、奈良、餞別、天平6年3月、年紀、難波、大阪、風神、鎮花、植物
タイトルとURLをコピーしました