万葉集 第9巻 1689番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第9巻1689番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第9巻 1689番歌

第9巻
歌番号1689番歌
作者柿本人麻呂(柿本人麻呂歌集)
題詞(名木河作歌二首)
原文在衣邊 著而榜尼 杏人 濱過者 戀布在奈利
訓読あり衣辺につきて漕がさね杏人の浜を過ぐれば恋しくありなり
かなありそへに つきてこがに からひとの はまをすぐれば こほしくありなり
英語(ローマ字)ARISOHENI TSUKITEKOGANI KARAHITONO HAMAWOSUGUREBA KOHOSHIKUARINARI
川岸に沿うようにして舟を漕いでくれないか。あんずの浜を過ぎれば恋しい風景が待っているから。
左注(右柿本朝臣人麻呂之歌集所出)
校異
用語雑歌、作者:柿本人麻呂歌集、京都、羈旅、非略体、地名
タイトルとURLをコピーしました