万葉集 第9巻 1756番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第9巻1756番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第9巻 1756番歌

第9巻
歌番号1756番歌
作者高橋虫麻呂
題詞(詠霍公鳥一首[并短歌])反歌
原文掻霧之 雨零夜乎 霍公鳥 鳴而去成 A怜其鳥
訓読かき霧らし雨の降る夜を霍公鳥鳴きて行くなりあはれその鳥
かなかききらし あめのふるよを ほととぎす なきてゆくなり あはれそのとり
英語(ローマ字)KAKIKIRASHI AMENOFURUYOWO HOTOTOGISU NAKITEYUKUNARI AHARESONOTORI
曇りがけの雨が降る夜空からホトトギスの鳴き声が聞える。どことなく胸を切なくさせる。
左注(右件歌者高橋連蟲麻呂歌集中出)
校異歌 [西] 謌 [西(訂正)] 歌
用語雑歌、作者:高橋虫麻呂歌集、動物
タイトルとURLをコピーしました