万葉集 第9巻 1735番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第9巻1735番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第9巻 1735番歌

第9巻
歌番号1735番歌
作者伊保麻呂
題詞伊保麻呂歌一首
原文吾疊 三重乃河原之 礒裏尓 如是鴨跡 鳴河蝦可物
訓読我が畳三重の川原の礒の裏にかくしもがもと鳴くかはづかも
かなわがたたみ みへのかはらの いそのうらに かくしもがもと なくかはづかも
英語(ローマ字)WAGATATAMI MIHENOKAHARANO ISONOURANI KAKUSHIMOGAMOTO NAKUKAHADUKAMO
三重の川原の磯の蔭で、かくしもがも(恋が実ってほしい)と鳴いている蛙。
左注
校異歌 [西] 謌 [西(訂正)] 歌
用語雑歌、作者:伊保麻呂、三重県、内部川、羈旅、地名
タイトルとURLをコピーしました