万葉集 第9巻 1747番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第9巻1747番歌はこちらにまとめました。

第9巻 1747番歌

第9巻
歌番号 1747番歌
作者 高橋虫麻呂
題詞 春三月諸卿大夫等下難波時歌二首[并短歌]
原文 白雲之 龍田山之 瀧上之 小鞍嶺尓 開乎為流 櫻花者 山高 風之不息者 春雨之 継而零者 最末枝者 落過去祁利 下枝尓 遺有花者 須臾者 落莫乱 草枕 客去君之 及還来
訓読 白雲の 龍田の山の 瀧の上の 小椋の嶺に 咲きををる 桜の花は 山高み 風しやまねば 春雨の 継ぎてし降れば ほつ枝は 散り過ぎにけり 下枝に 残れる花は しましくは 散りな乱ひそ 草枕 旅行く君が 帰り来るまで
かな しらくもの たつたのやまの たきのうへの をぐらのみねに さきををる さくらのはなは やまたかみ かぜしやまねば はるさめの つぎてしふれば ほつえは ちりすぎにけり しづえに のこれるはなは しましくは ちりなまがひそ くさまくら たびゆくきみが かへりくるまで
英語(ローマ字) SHIRAKUMONO TATSUTANOYAMANO TAKINOUHENO WOGURANOMINENI SAKIWOWORU SAKURANOHANAHA YAMATAKAMI KAZESHIYAMANEBA HARUSAMENO TSUGITESHIFUREBA HOTSUEHA CHIRISUGINIKERI SHIDUENI NOKORERUHANAHA SHIMASHIKUHA CHIRINAMAGAHISO KUSAMAKURA TABIYUKUKIMIGA KAHERIKURUMADE
白雲が立つという龍田の山の滝の上にある小椋の嶺に、枝がしならんばかりに咲く桜の花。山が高いので、風がやまず、春雨が次々に降るので、上枝の桜は散ってしまった。下枝に残っている花よ。このまましばらく散らないでおくれ。旅に出たわが君が帰ってくるまで。
左注 (右件歌者高橋連蟲麻呂歌集中出)
校異 歌 [西] 謌 [西(訂正)] 歌 / 短歌 [西] 短哥 [西(訂正)] 短歌
用語 雑歌、作者:高橋虫麻呂歌集、奈良、餞別、天平6年3月、年紀、難波、大阪、地名、枕詞、植物
タイトルとURLをコピーしました